Recent Work & Project

  • 【2018年xx月:ショートレター】橋本陽介・石田祐・三好俊文・藤澤由和「入学試験区分の違いが初年次基盤教育への取り組みに与える影響-AO入試区分で入学した学生に着目して-」『日本教育工学会論文誌』forthcoming.
  • 【2018年xx月:研究論文】飯塚明子・石田祐「震災復興と郷土芸能 -ソーシャル・キャピタルの視点から」『地域安全学会論文集』forthcoming.
  • 【2018年11月:学会発表】Okada, Aya and Ishida, Yu. "." ARNOVA 47th Annual Conference, Association for Research on Nonprofit Organizations and Voluntary Action (xx Nov. 2018, xxxHOTEL Austin, TX, USA.)
  • 【2018年9月:学会発表・パネル報告】稲葉陽二・石田祐・露口健司・立福家徳「人工知能とソーシャル・キャピタル(社会関係資本)Ⅱ」日本計画行政学会第41回全国大会(9.8@福岡大学)
  • 【2018年7月:学会発表】Ishida, Yu; Okada, Aya; and Nakajima, Takako. "Impact of financial structure on social media use: Japanese nonprofits in disaster relief." 13th International Conference of ISTR, International Society for Third-sector Research (Jul. 2018, Amsterdam)
  • 【2018年7月:モデレーター】Ishida, Yu. L1 session13th International Conference of ISTR, International Society for Third-sector Research (Jul. 2018, Amsterdam)
  • 【2018年7月:学会運営】Nominating Committee, Member, International Society for Third-sector Research (Jul. 2018, Amsterdam)
  • 【2018年6月:学会発表】Ishida, Yu; Okada, Aya.; Yamauchi, Naoto. "Volunteering for Mega-sport Events: Towards the 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games" ARNOVA-Asia Conference, Association for Research on Nonprofit Organizations and Voluntary Action (28 Jun., Hong Kong University, Hong Kong, China)
  • 【2018年6月:学会発表】Kikuchi, Ryo; Okada, Aya; and Ishida, Yu. "Overcoming Liabilities of Newness: Use of Social Media among Newly Established Nonprofits." ARNOVA-Asia Conference, Association for Research on Nonprofit Organizations and Voluntary Action (27 Jun., Hong Kong University, Hong Kong, China)
  • 【2018年6月:学会発表・パネル報告】稲葉陽二・佐藤嘉倫・藤原佳典・石田祐・芦田登代・立福家徳「人工知能はどのように社会を変えるかー社会関係資本の視点からの検討」日本NPO学会第20回年次大会(6.10@立教大学)
  • 【2018年度:選挙管理委員会】委員・日本NPO学会第10期理事候補者選挙
  • 【2018年6月:学会発表】飯塚明子・石田祐「東日本大震災と郷土芸能-ソーシャル・キャピタルの視点から」日本NPO学会第20回年次大会(6.9@立教大学)
  • 【2018年5月:書籍・分担執筆】Okada, Aya; Ishida, Yu and Yamauchi, Naoto. (2018). In Prosperity Prepare for Adversity: Use of Social Media for Nonprofit Fundraising in Times of Disaster. In Aroon P. Manoharan (ed.) Innovative Perspectives on Public Administration in the Digital Age. IGI Global. Chap.3. DOI:doi:10.4018/978-1-5225-5966-5.ch003
  • 【2018年xx月:書籍・分担執筆(予定)】石田祐・金谷信子(2018)「地域コミュニティとソーシャル・キャピタル」『』ミネルヴァ書房, forthcoming.
  • 【2018年3月:研究論文】石田祐(2018)「復興支援資金がNPOの財務と雇用に与える影響」『総合政策研究』(関西学院大学総合政策学部), no.55, pp.19-28.
  • 【2018年3月:寄稿エッセイ】石田祐(2018)「『寄付を人件費に利用する』ことは理解されるのか?(連載 寄付を科学する)」『ファンドレイジングジャーナル』 http://jfra.jp/fundraisingjournal/2282/, 2018/3/10投稿.
  • 【2018年3月:寄稿エッセイ】石田祐(2018)「ソーシャルメディアの利用は寄付獲得に有効か?(連載 寄付を科学する)」『ファンドレイジングジャーナル』 http://jfra.jp/fundraisingjournal/2277/, 2018/3/10投稿.
  • 【2017年3月:セミナー発表】佐々木周作・石田祐・坂本治也「寄付を科学する」『ファンドレイジングジャパン2018』(3.18@駒澤大学).
  • 【2018年1月:寄稿論文】石田祐・石内鉄平・藤澤由和(2018)「地域住民による地域資源の継承可能性(特集 地域創生と地域資源)」『ESTRELA』no.286(2018年1月号), pp.12-19.
  • 【2018年1月:寄稿論文】石内鉄平・石田祐・藤澤由和(2018)「オープンデータを活用した『景観』に基づく新たな地域区分の検討(特集 地域創生と地域資源)」『ESTRELA』no.286(2018年1月号), pp.2-11.
  • 【2017年12月:一般発表】「『寄付白書2017』出版記念シンポジウム」第1章の案内、質疑応答(12.7@Lodge, ヤフージャパン株式会社).
  • 【2017年12月:書籍・分担執筆】日本ファンドレイジング協会編・寄付白書発行研究会著(2017)『寄付白書2017』日本ファンドレイジング協会, 161p. (第1章, 第2章担当)
  • 【2017年12月:寄稿】石田祐 (2017) 「寄付の連鎖をつくろう」『しみん基金・KOBE NEWS』vol.43, 巻頭言.
  • 【2017年12月:学会発表】Okada, Aya; Ishida, Yu and Yamamoto, Masahiro. "Exploring Fundraising Tips for Social Media Updates: Case Study of ADRA Japan." 10th Asia Pacific Regional Conference of ISTR, International Society for Third-sector Research (4 Dec. 2017, Pullman Jackarta Central Park, Jackarta, Indonasia)
  • 【2017年11月:学会発表】Okada, Aya and Ishida, Yu. "Messages that Work: Bridging Research and Practice on Social Media Use for Nonprofit Fundraising." ARNOVA 46th Annual Conference, Association for Research on Nonprofit Organizations and Voluntary Action (16 Nov. 2017, Amway Grand Plaza Curio Collection by Hilton, Grand Rapids, MI, USA.)
  • 【2017年11月:書評】石田祐 (2017)「新澤・森編『エネルギー転換をどう進めるか』岩波書店, 2015年」『公共政策研究』vol.17, p.120.
  • 【2017年10月:研究論文】Okada, Aya; Ishida, Yu; Nakajima, Takako and Kotagiri, Yasuhiko (2017) "The State of Nonprofit Sector Research in Japan: A Literature Review." Voluntaristics Review. vol.2, no.3, pp.1-68. (Brill) DOI: 10.1163/24054933-12340017
  • 【2017年7月:講師】オープンキャンパス・事業構想学群 地域創生学類・模擬講義「企業・NPO・市民の社会貢献活動からみる新しい地域のカタチ?」(7.17@宮城大学)
  • 【2017年6月:講師】MYUサポーターズデイ模擬講義「地方自治と社会貢献活動」(6.10@宮城大学)
  • 【2017年6月:学会発表】Ashida, Toyo and Ishida, Yu. "Social Environment and Charitable Giving: Evidence from Multilevel Analysis in Japan." ARNOVA-Asia Conference, Association for Research on Nonprofit Organizations and Voluntary Action (7 Jun., Renmin University, Beijing, China)
  • 【2017年6月:学会発表】Ishida, Yu and Okada, Aya. "More Dialogue, More Funds Raised?: Effectiveness of Social Media for Nonprofit Fundraising." ARNOVA-Asia Conference, Association for Research on Nonprofit Organizations and Voluntary Action (6 Jun., Renmin University, Beijing, China)
  • 【2017年5月:討論/モデレーター】日本NPO学会震災特別プロジェクト報告会(5.23@東北大学)
  • 【2017年5月:学会発表】岡田彩・石田祐「ソーシャル・メディアを通じた「対話的」情報発信と寄付戦略」日本NPO学会第19回年次大会(5.14@東京学芸大学)
  • 【2017年5月:モデレーター】日本NPO学会第19回年次大会(5.14@東京学芸大学)
  • 【2017年5月:書籍/chapter】Kuroda, Kaori and Ishida, Yu (2017) "CSR in Japan: Towards integration and corporate-CSO partnership." Samuel Hasan ed. Corporate Social Responsibility and the Three Sectors in Asia: How Conscious Engagement Can Benefit Civil Society. Springer International Publishing. Chap.3.
  • 【2017年4月:実践速報】石田百合子・石田祐・梶村好宏・松葉龍一・根本淳子・鈴木克明「サービスラーニングの原則・基準を活用したPBL科目の授業設計・運営準備ガイドおよびワークシートの開発」『教育システム情報学会誌』(JSISE, 教育システム情報学会)vol.34, no.2, pp.196-201. DOI: 10.14926/jsise.34.196
  • 【2017年3月:セミナー発表】坂本治也・佐々木周作・石田祐「実務に使える!NPO研究・行動経済学のフロンティア~最先端研究から分かった寄付者の心理と行動、徹底解説~」『ファンドレイジングジャパン2017』コミュニケーション.
  • 【2017年3月:研究論文】Nakajima, Takako; Baba, Hideaki; and Ishida, Yu (2017) "Visualizing Relief Funds Flow for the Great East Japan Earthquake: Trial Study to Construct an Inflow and Outflow Matrix Model." Kansai University Review of Business and Commerce, vol.17, pp.1-25. URI: http://hdl.handle.net/10112/11
  • 【2017年2月:教育論文】太田敏一・松野泉・石田祐「近畿地区7高専における「防災リテラシー」の展開と学生の防災・減災への関心の変化」『明石工業高等専門学校研究紀要』vol.59, pp.24-31. [PDF]
  • 【2017年1月:研究論文】Ishida, Yu; Miyaki, Miki; Fujisawa, Yoshikazu; and Iwasaki, Kunihiko (2017) "How does tourism differ among generations? Tourists from the United States and their willingness to visit Japan." International Journal of Tourism Science. Vol.17, no.1, pp.49-60. DOI: 10.1080/15980634.2016.1274526
  • 【2017年1月:研究論文】Okada, Aya; Ishida, Yu and Yamauchi, Naoto (2017) "Effectiveness of Social Media in Disaster Fundraising: Mobilizing the Public towards Voluntary Actions." International Journal of Public Administration in the Digital Age (Special Issue on Social Media Adoption, Utilization, and Consequences in the Nonprofit Sector). vol.4, no.1, pp.49-68. DOI: 10.4018/IJPADA.2017010104.

More

Short Stories with Questions

<No.18>表現を変えれば伝わらなかったことが誰かに伝わる?

上の写真(左)は、よるある何の変哲もない一枚の張り紙。しかしどうせ作るなら...。この張り紙は何を訴えたいのでしょうか。誰に、そして誰から。誰からについては施設管理者とは書いてあるけど、それに該当する人は一般の人には不明でしょうきっと。もちろん一般の人が24時までいることはないので知る必要はゼロですが。ただ、24時までいる人にとっても問い合わせなしには判明できません。それ以外にも個人的には「ここで改行か!」「小さい文字で書いてある注意書きも重要な情報ではないか?」という気もします。表現方法、編集方法、デザインについては様々ありますが、これをどのようにすると効果的なものになるでしょうか。(きっとあるツッコミとしては、いずれにしてもこの内容に関係する人は一体何人いるんだ!?張り紙の必要はあるのか!?と。そこはここではご放念いただき、張り紙ありきの制約条件付きで考えましょう。)
なお、写真(右)はよくある看板ですが、遠目でもわかるようになっていますし、やっぱりシンプルでわかりやすい。ちなみに比較的暖かいところで生活してきた者としてはつららの方が気になります(むしろ、この写真はつららを撮ったものをカットしたわけですが 笑)。みなさんの周囲にもっとよくなると思える張り紙はないでしょうか。表現を変えると誰かにもっと伝わるでしょうか。誰にその情報を届けたいですか?(2018/3/20)

Back Number

Announcement

  • 宮城大学で「地域創生セミナー」を開催します(7/19)-->宮城大学HP (coming soon...)
  • 日本NPO学会・震災特別プロジェクト@東北大学がNHK東北、産経新聞、河北新聞などで報道・掲載されました(5/23, 5/24)-->日本NPO学会HP
  • 日本計画行政学会@青山学院大学が開催されます(9/8-9/2017)-->日本計画行政学会HP
  • 日本NPO学会震災特別プロジェクト報告会@東北大学川内キャンパスが開催されます(5/23/2017)-->日本NPO学会HP > お知らせ
  • 日本NPO学会第19回年次大会@東京学芸大学小金井キャンパスが開催されます(5/13-14/2017)-->日本NPO学会HP > 年次大会
  • 事業構想学群地域創生学類がスタートしました(4/1/2017)-->宮城大学HP
  • 事業構想学部事業計画学科に着任しました(10/1/2016)-->宮城大学HP
  • 国立高等専門学校機構明石工業高等専門学校(明石高専)を退職しました(9/30/2016)
  • Read More